監修

近畿大学医学部 産科婦人科学教室 教授

松村 謙臣 先生

子宮・卵巣にまつわる病気

外陰がん

外陰部(多くは大陰唇)に発生するがんです。若い女性にはHPV感染が関与するものが多い一方、高齢者ではHPV感染が関わることは少ないとされています1)

外陰がんの発症する場所
  • 1)Vinokurova S, et al.: J Natl Cacer Inst 2005;97:1816-1821

外陰がんの症状

外陰部のこぶ、かゆみ、痛み、熱感、出血、皮膚の色が部分的に白くなる白斑がありますが、早期の自覚症状はないこともあります。

外陰がんの疫学

大変まれながんで、女性生殖器癌の3~5%のみを占め2)、10万人あたりの1年間の発症頻度は、外陰がんと合わせても0.7人です3)。日本の報告で、発症が多くみられる年齢は67.4歳であり、70歳代にピークを迎えるとされています2)

  • 2)杉森甫ほか:日本産科婦人科学会雑誌 47:685-693, 1995.

  • 3)国立がん研究センターがん対策情報センター:
    厚生労働省委託事業「希少がん対策推進事業」希少がん対策ワークショップ報告書 平成26年3月

外陰がんは女性生殖器癌の3~5%

外陰がんの検査

視触診のほか、拡大鏡による観察、画像検査、麻酔をかけて病変部の組織を採取する生検を行います。

外陰がんの治療

手術による病巣の摘出が第一選択です。ただし高齢で術後の合併症や後遺症が懸念される場合は、治癒を目指した放射線治療が選択されます。
術後の患者さんの生活が重要視されるため、早期のがんでは切除範囲を縮小することが検討されています4)
また手術による外陰部の欠損が大きい場合は、個々の患者さんの状態に合わせて再建を行うことがあります。

  • 4)日本婦人科腫瘍学会:外陰がん・腟がん治療ガイドライン2015年版, 2015, 金原出版

このページのTOPへ