診断から治療までの流れ

監 修 | 京都府立医科大学 血液内科学 教授 黒田 純也 先生

これからどういう流れで治療を行うのでしょうか?

まずは、多発性骨髄腫の診断を決定するための検査や、病気の広がりを確かめる検査など、複数の検査を行い、多発性骨髄腫によってもたらされている症状、病期、病気の悪性度を診断します。
検査でわかった病気に関する情報や全身状態、年齢などを考慮して、治療方針を決定し、薬物療法や放射線療法造血幹細胞移植などの治療を行います。効果のある間は病気の悪化を認めるまで継続する治療もあれば、決められた期間で終了し、病気が悪化するまでは無治療で経過観察をする治療など、それぞれの治療によって適した方法は様々です。治療内容とスケジュールの説明を担当医からしっかりと受けることが重要です。

診断から治療までの流れを解説したチャート

医療スタッフとの対話を大切に

あなたは、多発性骨髄腫の診断や治療、経過観察などを通じ、医師だけでなく、さまざまな医療スタッフとかかわることになります。多発性骨髄腫の診断や治療といった診療面であなたの状態を最も理解しているのは、担当医や看護師などの医療スタッフです。一方、あなたの自覚症状や、困っていること、不安なことなどはあなたご自身にしかわかりません。よりよい治療を選び、納得しながら療養できるように、ご自身の状態、考え、気持ちを医療スタッフに伝えて、信頼関係を築くことが重要です。
時にはなかなか思うようにコミュニケーションを取りづらいこともあるかも知れませんがじっくりと時間をかけて対話を続けていくなかで、だんだんと意思疎通が図れるようになるでしょう。普段の生活において、さまざまな人々と関係を構築していくのと同じように、医療スタッフともコミュニケーションが図れるようになると思います。

このページのTOPへ