多発性骨髄腫患者さんの
体験談

監 修 | 京都府立医科大学 血液内科学 教授 黒田 純也 先生

多発性骨髄腫と診断されました。何もかも初めてで、どんどん不安になっていきます。私だけでしょうか。

多発性骨髄腫と診断された患者さんが不安を感じるのは当然です。病気との向き合い方や、治療を受けてみてどう感じたか、家族との接し方、仕事上のコミュニケーションなどについて、ご自身と同じ、がん患者さんの体験談を知ることで、心が軽くなったり、療養生活のヒントが得られたりする場合がありますので、参考にするとよいでしょう。

がん患者さんの体験談は、“がん with” に詳しい情報が掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。[2020年11月2日閲覧]

がんwith:マンガで読む 患者さん体験談
https://ganwith.jp/life/book.html

注意していただきたいこと

特にWebサイトには、信頼性の高いものから低いものまでさまざまな情報であふれています。科学的根拠がない治療を勧めるケースもまれにありますので、注意して情報を選択しましょう。

このページのTOPへ