乳がんと診断された乳がんと診断された

乳がんの手術療法乳がんの手術療法

なぜ手術をするの?

~先生からのメッセージ~

乳がんの手術の目的は、がんを乳房から取り除くことです。さらに切除した標本を詳細に調べることで、がんの広がりやそのがんの性質を知ることができ、また次の治療を決定するための情報を得ることもできます。
手術療法にはこのような有用な面がありますが、同時に女性の大切な臓器である乳房に傷をつけてしまう治療法でもあります。
治療後も患者さんが心地よく過ごしていただけるために、現在は多くの手段が用意されています。例えば、乳房温存手術を行う際に、できるだけ乳房の形をきれいに整える手術(オンコプラスティックサージャリー(根治性と整容性を向上させる手術技術))や、乳房全切除術を行うさいに一次乳房再建を受けることにより、術後の乳房喪失感を軽減することができます。傷も縫い目を皮膚の上に作らない皮下の埋没縫合といった技術を用いて、できるだけきれいな傷跡になるような工夫をしています。

どんな手術をするの?

どのような手術をするかは、まずがんのステージや大きさ、広がり方を第一の基準として決定されます。
その他に、患者さんが手術後の生活で“何を大事にしたいか”という要素も重要です。
下記に、手術後の体のイメージについて考えるヒントをまとめました。
がんの状態によって制限はありますが、医師と話をする前に考えておくと、納得のいく選択をするのに役立つでしょう。

  • なるべく自分の乳房を残したい
  • なるべく元通りに近い乳房を保ちたい
  • 手術後も、気にせず胸元の開いた服を着たい
  • 再発リスクをなるべく減らしたい

このページのトップへ