どんな治療をするの?

再発・転移に対する治療

監修 近畿大学医学部 産科婦人科学 教授 
松村 謙臣 先生

再発卵巣がんに対する治療

症状を緩和するために、抗がん剤による化学療法を行います。

再発卵巣がんの薬物療法

前回の化学療法終了から6か月未満の再発

治療完了から短期間での再発では、治療の目標は症状の緩和となります。
この場合は、二次化学療法といって、最初の化学療法とは異なるお薬を使う治療法となります。1種類のお薬による治療(単剤療法)が推奨されており、保険の範囲内で使えるお薬が複数あります。どのお薬を使うかは、これまでの治療や患者さんの状態で決定されます。分子標的治療薬を併用する場合もあります。

前回の化学療法終了から6か月以上経過後の再発

6か月以上経ってからの再発では、6か月未満での再発と使用するお薬が異なります。
最初に行う標準治療は、白金製剤と別の薬剤(通常は、タキサン系、代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤、抗悪性腫瘍剤のいずれか)の併用療法です。分子標的薬(血管新生阻害剤やDNA修復酵素阻害剤)も用いることが多いです。

このページのTOPへ

専門医からのメッセージ

せっかく治療が終わったのに、また再発してしまった…患者さんの落胆と不安は非常に大きいことでしょう。しかし辛い症状を和らげ、自分らしく過ごせる時間を最大限に確保するための方法が確立されています。
また、卵巣がんに対する治療法は、最近大きく進歩しつつあります。再発卵巣がんであっても手術や薬物療法が非常に有効で、日常生活に不便を感じることなく過ごすことができる場合もあります。
医師と相談しながら、ご自分に最も合った治療法を見つけていきましょう。

もっと知りたい! 卵巣がん みんなのQ&A

このページのTOPへ