どんな治療をするの?

子宮体がんの進行期とは?

監修 独立行政法人国立病院機構
四国がんセンター 婦人科 手術部長 
竹原 和宏 先生

子宮体がんの手術進行期について

まずは画像検査や内診でがんの広がり具合(進行期)を推定し、その進行期に基づいて手術をします。手術後、改めて摘出した腫瘍を精査して正確な進行期と再発リスクを判断し、その後の治療法を決定します。

子宮体がん治療の全体像

  • 画像検査・内診などによって進行期を推定

  • 手術による腫瘍摘出、病理検査

  • 正確な進行期の決定

    Ⅰ期

    がんが子宮体部に限局している(とどまっている)もの

    ⅠA期

    がんの浸潤が子宮筋層の1/2未満のもの

    ⅠB期

    がんの浸潤が子宮筋層の1/2以上のもの

    Ⅱ期

    がんが頸部間質に浸潤するが、子宮をこえていないもの

    Ⅲ期

    がんが子宮外に広がるが小骨盤腔(恥骨と仙骨の間の空間)をこえていないもの、または所属リンパ節へ広がるもの

    ⅢA期

    子宮漿膜ならびに・あるいは付属器に浸潤しているもの

    ⅢB期

    膣ならびに・あるいは子宮傍組織へ広がるもの

    ⅢC期

    骨盤リンパ節ならびに・あるいは傍大動脈リンパ節に転移のあるもの

    ⅢC1期

    骨盤リンパ節転移陽性のもの

    ⅢC2期

    骨盤リンパ節への転移の有無にかかわらず、傍大動脈リンパ節転移陽性のもの

    Ⅳ期

    がんが小骨盤腔をこえているか、明らかに膀胱ならびに・あるいは腸粘膜に浸潤しているもの、ならびに・あるいは遠隔転移のあるもの

    ⅣA期

    膀胱ならびに・あるいは腸粘膜浸潤のあるもの

    ⅣB期

    腹腔内ならびに・あるいは鼠径リンパ節転移を含む遠隔転移のあるもの

    • 日本婦人科腫瘍学会編:患者さんとご家族のための子宮頸がん子宮体がん卵巣がん治療ガイドライン
      第2版,金原出版,2016,p.79
  • 進行期に応じた治療法の決定(経過観察または薬物療法・放射線治療・ホルモン療法)、および再発リスクの評価

このページのTOPへ

専門医からのメッセージ

子宮体がんは子宮の内腔にできるがんのため、手術をせずに正確な進行期を知ることが難しいがんです。そのため、手術後に改めて正確な進行期を判断し、術後の追加治療を決めるというやり方がとられています。このような手順で治療が行われるため、進行期の診断が手術前の推定と手術後で食い違うことがありますが、これは子宮体がんという病気の性質によるものです。

もっと知りたい! みんなの子宮体がんQ&A

このページのTOPへ