多発性骨髄腫と遺伝

監 修 | 京都府立医科大学 血液内科学 教授 黒田 純也 先生

多発性骨髄腫は、子どもに遺伝するのでしょうか。

何らかの原因で遺伝子染色体に異常が起こり、多発性骨髄腫が発症すると考えられています。なぜ遺伝子に異常が起こるのかは明らかにされていませんが、通常では多発性骨髄腫は遺伝する病気ではないとされています。また、感染性の病気でもありません。基本的にはお子さん、お孫さんへの遺伝や、ご家族や周囲の方への伝染を心配する必要はありません。

このページのTOPへ