乳がんを知りたい乳がんを知りたい

乳がんの基礎知識
(特徴や種類、生存率)
乳がんの基礎知識
(特徴や種類、生存率)

乳がんのデータ

~先生からのメッセージ~

乳がんは、女性のがんの中で最も多く見られるものです。そのため友人や知人などが乳がんになった…という経験のある方も多いでしょう。
食生活やライフスタイルの変化とともに、乳がん患者さんの数は近年急激に増加しています。しかしその一方で、病気を克服された方が多くいらっしゃることもわかっています。
日本における乳がんの動向を、データで見てみましょう。

乳がん患者さんは増えている?

こちらは、1985年以降の日本のがん患者数の推移です。さまざまな部位のがん患者数と比較すると、乳がんの増加の幅は特に大きくなっており、今や女性がかかるがんの中で最も多いものとなっています1)
女性が活躍していく社会にとって、乳がんの新規発症の抑制、乳がん患者さんの社会復帰は大きな課題といえるでしょう。

がん患者数の推移

【調査方法】
地域がん登録データのうち、長期的に精度が高く安定している山形、福井、長崎の3県の罹患実測値を基に、人口10万人あたりの年齢調整罹患率を推計した。

1)国立がん研究センターがん情報サービス「がんの統計'19」より改変

40歳代の女性が特に大きな脅威にさらされています

高齢になるにしたがってその発症頻度が増えるのが多くのがんの特徴ですが、乳がんは、40代から50代の女性に多く発症することがその特徴です1)。乳がんは日本人女性がかかるがんで最も多いがんですが、一方で日本人女性のがんによる死亡数を見てみると、乳がんは5位となっています1)
発症数は多いものの、乳がんを克服した女性が多くいらっしゃることがよくわかるデータです。

がんの部位別死亡率(女性、2018年)

【調査方法】
人口動態統計を基に各部位の死亡数を算出した。

1)国立がん研究センターがん情報サービス「がんの統計'19」

坂井先生・原先生からもっと詳しく 坂井先生・原先生からもっと詳しく

乳がんの患者さんが増えている背景には、女性のライフスタイルの変化や生活習慣の変化があるのではないか、と言われています。乳がんを引き起こすリスク因子というものがいくつかわかっていますが、そういった因子を避けて健康的な生活を心がけることも、乳がんとの闘い方の一つであると言えます。

清水先生から、あなたへのメッセージ

乳がんは克服可能な病気であることが、実際のデータから見えてきました。
活躍世代の女性が多くかかる乳がんについては、国をあげての対策がとられています。乳がん検診の受診やセルフチェックの実行が、乳がんに負けない社会を作る第一歩となります。

このページのトップへ