肺がんの検査

肺がんの検査方法

肺がんが見つかるきっかけはさまざま

肺がんが見つかるきっかけは、人によってさまざまです。症状があって検査を受け、肺に異常が見つかる場合もあれば、他の病気で検査を受けたらたまたま見つかる場合もあります。

まずは「肺がんの疑い」があるかどうかを検査

気になる症状がある場合や、健康診断や集団で行うがん検診では、まず「肺がんの疑い」があるかどうかを調べるスクリーニング検査を行います。
スクリーニング検査で、「肺がんの疑い」があると判定されれば、精密検査を受けます。

*スクリーニング検査:ある病気の疑いがあるかどうかを選別するための検査。より精密な検査や診断・治療につなげるために行われる。スクリーニングとは「ふるいにかける」の意。

肺がんが疑われたら、次は肺がんそのものを確認する検査へ

精密検査では、肺の異常がある場所(病変)をつきとめて、その部分の組織を一部採り出して調べます(生検)。
採りだした組織を調べた結果をみて、がんかどうかの診断を確定します(確定診断)。がんの場合には、どんなタイプのがんなのかを詳しく調べていきます(病期診断)。

<表>肺がんで行われる検査のいろいろ
健康診断や肺がんの集団検診など、
肺がんの疑いを調べる主な検査
(スクリーニング検査)
⇒詳しくはコチラ
胸部X線検査
喀痰細胞診
胸部CT検査
確定診断のために行われる主な検査
⇒詳しくはコチラ
気管支鏡検査
経皮的針生検
胸腔鏡検査
胸水細胞診
リンパ節生検
開胸生検
病期診断のための主な検査
⇒詳しくはコチラ
CT検査
MRI検査
PET検査
骨シンチグラフィ
超音波検査
縦隔鏡検査
気管支鏡検査
胸腔鏡検査
腫瘍マーカー検査
治療方針を決めるための主な検査
⇒詳しくはコチラ
遺伝子検査
PD-L1検査

*病期診断:がんがどのくらいの大きさか、どこまで広がっているかといった進行の度合い(病期)を決定すること。

参考文献

日本肺癌学会編:患者さんのための肺がんガイドブック 2019年版. 金原出版. 2019

渡辺俊一他監修:国立がん研究センターの肺がんの本. 小学館クリエイティブ. 2018

坪井正博監修:図解 肺がんの最新治療と予防&生活対策. 日東書院. 2016

このページのTOPへ