急性骨髄性白血病って
どんな病気?

監修:愛知医科大学 血液内科 教授 高見 昭良 先生

急性骨髄性白血病(AML)とはどんな病気なのか、教えてください。

急性骨髄性白血病(AML)は、未熟な血液細胞ががん化(悪性化)する白血病の1つです。白血球や赤血球、血小板のもとになる骨髄芽球(こつずいがきゅう)という細胞ががん化して白血病細胞となり、無秩序に増えてしまう病気です。急性非リンパ性白血病と呼ばれることもあります。慢性骨髄性白血病では、未熟な細胞だけでなく、成熟した細胞までが増えますが、急性骨髄性白血病では未熟な細胞だけが増えることが知られています。

図1造血の仕組み

造血の仕組み
山田幸宏 監修. 看護のための病気のなぜ?
ガイドブック, p248-249, 2016, サイオ出版を参考に作成

急性骨髄性白血病の分類

急性骨髄性白血病には、病期(ステージ)はありません。FAB分類と言われる分類を用いて、「細胞が分化していく中の、どの細胞ががん化(白血病化)しているか」、「白血病細胞の形」、「染色体や遺伝子の異常」などによって8種類に分けられます(FAB分類、表1)。最近では、特定の遺伝子異常などでさらに細かく分類する方法も使用されています(WHO分類、 表2)。

表1急性骨髄性白血病のFAB分類

M0 急性最未分化型骨髄性白血病
  • 芽球が著しく増加
  • 白血病細胞がペルオキシダーゼ染色*1陰性
  • 骨髄性白血病の表面抗原を認める
M1 急性未分化型骨髄芽球性白血病
  • 芽球が著しく増加
M2 急性分化型骨髄性白血病
  • 芽球の増加を認めるが、分化した細胞も存在
  • t(8;21)染色体異常*2を認めることが多い
M3 急性前骨髄球性白血病
  • 前骨髄球レベルの白血病細胞が著増
  • 播種性血管内凝固症候群を合併する
  • t(15;17)染色体異常*3を認める
M4 急性骨髄単球性白血病
  • 顆粒球系とともに単球系の白血病細胞が存在
  • inv(16)染色体異常*4を認めることがある
M5 急性単球性白血病
  • 単球系の白血病細胞
M6 急性赤白血病
  • 赤芽球(赤血球のもとになる細胞)系の白血病細胞
M7 急性巨核球性白血病
  • 巨核球(血小板のもとになる細胞)系の白血病
  • *1:ペルオキシダーゼ染色
    特殊染色の1つ。通常は骨髄性白血病細胞で染まり、リンパ性白血病細胞では染まらない。
  • *2:t(8;21)染色体異常
    切断された8番目の染色体と21番目の染色体が相互に結合する異常。
  • *3:t(15;17)染色体異常
    切断された15番目の染色体と17番目の染色体が相互に結合する異常。
  • *4:inv(16)染色体異常
    16番目の染色の異常。このタイプは好酸球の増加を伴う。一般的に予後良好といわれている。

永井正. 図解でわかる 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫, 2016, p53 法研

表2急性骨髄性白血病のWHO分類

特定の遺伝子異常を有するAML
t(8;21)(q22;q22.1);RUNX1-RUNX1T1を有するAML
Inv(16)(p13.1q22) or t(16;16)(p13.1;q22);CBFB-MYH11を有するAML
PML-RARAを有するAPL
t(9;11)(p21.3;q23.3);MLLT3-KMT2Aを有するAML
t(6;9)(p23;q34.1);DEK-NUP214を有するAML
Inv(3)(q21.3q26.2) or t(3;3)(q21.3;q26.2);GATA2,MECOMを有するAML
t(1;22)(p13.3;q13.1);RBM15-MKL1を有するAML(巨核芽球性)
暫定分類:BCR-ABL1を有するAML
NPM1変異を有するAML
両アレルのCEBPA変異を有するAML
暫定分類:RUNX1変異を有するAML
骨髄異形成関連の変化を有するAML
治療に関連した骨髄性腫瘍
特定不能のAML
最未分化型AML
未分化型AML
分化型AML
急性骨髄単球性白血病
急性単芽球性・単球性白血病
純粋な赤白血病
急性巨核芽球性白血病
急性好塩基球性白血病
骨髄線維症を伴う急性汎骨髄症
骨髄肉腫
ダウン症候群関連骨髄増殖症
一過性異常骨髄症(TAM)
ダウン症候群関連骨髄性白血病

AML:急性骨髄性白血病、APL:急性前骨髄球性白血病

三谷 絹子. 日本内科学会雑誌 107(9), 1648-1659, 2018
Arber DA et al.WHO Press,Geneva 2017,129-172

閉じる

急性前骨髄球性白血病とは

急性骨髄性白血病のうち、前骨髄球ががん化する病気はこのように呼ばれ、区別されます。急性前骨髄球性白血病では、15番目と17番目の染色体転座と呼ばれる異常がみられます。他の白血病と比較して、出血を起こしやすいという特徴があります。

閉じる

急性骨髄性白血病についてもっと知りたい方へ

このページのTOPへ