乳がんと診断された乳がんと診断された

乳がんの薬物療法
①化学療法
乳がんの薬物療法
①化学療法

副作用が心配?

~先生からのメッセージ~

化学療法による副作用は多岐にわたり、またあらわれやすい時期がそれぞれ異なります。起こる可能性の高い副作用については、あらかじめ医師にその時期・あらわれたときの対処法などを確認しておきましょう。
なお副作用の強さは治療効果とは関係ありませんので、治療を継続できないほどに辛い症状がある場合は、遠慮せずに医師や看護師に相談しましょう。

抗がん剤による主な副作用

抗がん剤による副作用にはいろいろな種類があり、また現れる時期も症状によって異なります。
お薬でコントロールが可能な副作用もありますので、あまりがまんしすぎないようにしましょう。

【化学療法による副作用発現時期の目安】
化学療法による副作用発現時期の目安

日本乳癌学会編:患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019年版, 金原出版, 2019, p165
(インフォームドコンセントのための図説シリーズ 抗悪性腫瘍薬 肺がん 改訂版,p11,医薬ジャーナル社,2011より一部改変)

吐き気・嘔吐

副作用の中でも頻度が高いものです。

脱毛

毛髪を作る細胞がダメージを受けることで起こります。

好中球の減少、貧血、出血

骨髄細胞がダメージを受けることで、血液中の白血球、赤血球、血小板の数が減少します。症状としては免疫力の低下、貧血、出血のしやすさとしてあらわれます。

心臓に対する副作用

お薬によっては、動悸や息苦しさ、むくみがあらわれることがあります。

神経症状

手足のしびれや刺すような痛みを感じるものです。この症状は長く続く場合があります。お薬を使うことで回復する場合がありますので、生活に支障のある症状(お箸が持ちづらい、ボタンがかけづらい、歩くときによくつまずく、など)がある場合は早めに医療スタッフに相談しましょう。

卵巣機能の障害

卵巣がダメージを受けることで、無月経になることがあります。40歳以上の方では治療終了後にそのまま閉経してしまうことがありますので、妊娠を希望される方は早めに医療スタッフに相談しましょう。

下痢

処方されている下痢止めで回復せず脱水状態になってしまうと、点滴や入院が必要になります。

口内炎

口内の粘膜がダメージを受けることによるものです。感染予防のために、口内は清潔に保つようにしましょう。化学療法前に虫歯や歯周病の治療、歯石除去を行うことが口内炎予防に効果的とされています1)

1)参考:日本乳癌学会編:患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019年版, 金原出版, 2019, p165-170

コラム 分子標的治療薬の副作用って?

乳がんで使われる分子標的治療薬の副作用には、抗がん剤による副作用と同様に、好中球減少、貧血、心臓に対する影響、下痢などがあります。ほかに分子標的治療薬特有の副作用もあり、投与時の悪寒や発熱、高血圧、皮疹などが当てはまります1)
自覚症状があまりない副作用もあるため、分子標的治療薬を使っている期間は、医師の指示に従って、定期的な診察をきちんと受けるようにしましょう。

1)参考:日本乳癌学会編:患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019年版, 金原出版, 2019, p165-170

このページのトップへ