慢性骨髄性白血病って
どんな病気?

監修:愛知医科大学 血液内科 教授 高見 昭良 先生

慢性骨髄性白血病(CML)とはどんな病気なのか、教えてください。

慢性骨髄性白血病(CML)は、未熟な血液細胞ががん化(悪性化)する白血病の1つです。白血球赤血球血小板のもとになる骨髄芽球(こつずいがきゅう)という細胞が白血病細胞となって無秩序に増えてしまう病気です。急性骨髄性白血病では未熟な細胞だけが増えますが、慢性骨髄性白血病では、未熟な細胞だけでなく、成熟した細胞までが増えることが知られています。

図1造血の仕組み

造血の仕組み
山田幸宏 監修. 看護のための病気のなぜ?
ガイドブック, p248-249, 2016, サイオ出版を参考に作成

慢性骨髄性白血病の病期

慢性骨髄性白血病は、ほとんど自覚症状がなく、3~5年で進行する「慢性期」、脾臓の腫れや貧血、発熱、体重減少などがみられ、3~9か月で進行する「移行期」、急性白血病のような症状が発現し、3~6か月で進行する「急性転化期」の3つの病期で進行します。治療は自覚症状のない慢性期から開始して、白血病細胞をコントロールすることと病期の進行を抑えることを目標にします。明らかな移行期を経ないで、急性転化期に移行するケースもあります。

慢性期
白血球数と血小板数は増加していますが、自覚症状を認めない時期です。
慢性骨髄性白血病 自覚症状なし
移行期
骨髄や末梢血中に芽球と呼ばれる未熟な細胞の割合が増加し、治療をしても、脾臓の腫れが進行する場合があります。貧血、出血傾向、発熱があらわれることもあります。
慢性骨髄性白血病 移行期 脾臓の腫れ
急性転化期
急性白血病に類似した状態がみられ、貧血症状、感染症、発熱、出血症状などがみられるようになります。
慢性骨髄性白血病 急性転化期 貧血症状

がん情報センター それぞれのがんの解説 慢性骨髄性白血病 治療
[2020年9月15日閲覧]を参考に作成

閉じる

慢性骨髄性白血病についてもっと知りたい方へ

このページのTOPへ