急性リンパ性白血病の治療法

監修:愛知医科大学 血液内科 教授 高見 昭良 先生

急性リンパ性白血病(ALL)の治療は、どのようなものですか?

複数の抗がん剤分子標的薬による薬物療法などで白血病細胞を死滅させ、血液検査骨髄検査のレベルで異常を認めない「完全寛解」を目指す「寛解導入療法」を行い、正常な血液細胞が増えるようにします。その後、寛解導入療法で得られた効果に合わせて、寛解後療法として、薬物療法による「地固め療法」や維持療法、血液細胞のもととなる造血幹細胞の移植などを行います。治療法の選択は、フィラデルフィア染色体BCR-ABL融合遺伝子)の有無によって異なり、フィラデルフィア染色体BCR-ABL融合遺伝子が陽性の場合には、分子標的薬を使用します。その他にも白血病の種類、患者さんの年齢、全身状態などが考慮され、総合的に判断されます。
詳しい情報は国立がん研究センター がん情報サービスのサイトもご覧ください([2020年9月15日閲覧])。

薬物治療とは

薬物療法は、白血病を含むがんを治す、進行を抑える、または、がんによる身体症状を緩和することを目的としています。がんの薬物治療に使われる薬剤には多くの種類がありますが、白血病治療では、主に抗がん剤分子標的薬といった種類の薬剤が使われます。薬剤の種類や組み合わせは白血病の種類によって異なりますが、急性白血病治療では、複数の抗がん剤を同時に使う多剤併用療法という強力な治療が行われたり、慢性白血病治療では、白血病の進行を確認しながら、症状があらわれないように抗がん剤分子標的薬を使ってコントロールしたりします。

閉じる

放射線療法とは

放射線は細胞のDNAに傷をつけることから、がんの病巣にあてることで、がん細胞を死滅させる効果をもっています。放射線治療は、がんを治すことや症状を緩和することを目的に使われます。白血病治療では、造血幹細胞移植前に使用されることもあります。

閉じる

造血幹細胞移植とは

造血幹細胞移植は、白血病を含む血液がんなどの治癒を目的として行われます。強い副作用や合併症があらわれる場合があるため、その実施に関しては、個々の患者さんの状況をよく確認し、慎重に検討します。
造血幹細胞移植では、強力な化学療法や全身への放射線照射などを移植前に行って白血病細胞を減らし、自分またはドナーの骨髄末梢血臍帯血から事前に採取した造血幹細胞を移植します。移植前の処置によって、患者さんの免疫の働きも抑えるため、移植された造血幹細胞が患者さんの骨髄で正常に働くことが期待できます。また、ドナーから提供された造血幹細胞を移植する同種造血幹細胞移植の場合は、移植されたドナーのリンパ球が患者さんの体内に残っている腫瘍細胞を攻撃する効果(移植片対白血病効果:GVL効果)も期待できます。患者さん自身の細胞を移植する場合を自家造血幹細胞 移植、他人の細胞を移植する場合を同種造血幹細胞移植といいます。急性リンパ性白血病の治療には、同種造血幹細胞移植が多く用いられています。

造血幹細胞移植
永井正. 図解でわかる 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫, 2016, p173 法研
閉じる

医師からのメッセージ

治療法の確認ポイント

医師から説明された治療法の情報は、効果だけではなく副作用などの欠点も含めて、整理しておきましょう。説明された内容を紙に書き出してみると、情報を整理しやすく、理解した内容と不明点が確認できます。不明な点は医師に確認し、十分に納得してから治療を始めるようにしましょう。

急性リンパ性白血病についてもっと知りたい方へ

このページのTOPへ